小顔矯正なら美容整形で決まり【分かりやすい美容効果が望める】

顔が小さくなる施術

女性

顔サイズダウン方法の特徴

小顔矯正には簡単なものから複雑なものまで多様な種類があります。代表的なもので最も簡単なタイプは、サロンなどで受けられる矯正マッサージです。人や機械の力によってリンパの流れを良くし、溜まっている不純物を排出することで小顔化を図ります。これは特にむくみがちな人に大きな効果が期待できます。急に劇的な変化が起こるものではありませんが、何より身体への負担が少ないことがメリットになります。また骨格のサイズが原因で顔が大きく見えている場合は、手術によってエラを除去するなど、根本からサイズダウンを図る方法も有効です。ただこの場合は他のものと比べて大掛かりになり、術後もケアが必要であるため、費用と時間が欠かせません。また、最も人気があるのがボトックスによる注射です。この治療では、顔の筋肉を強制的に衰えさせて、主にエラ部分を縮小させる効果が得られます。施術が注射のみで済ませられるため、手軽であることが特徴です。ただいつまでも小顔の状態を維持できるわけではなく、やがて身体に吸収されてしまうので、継続的に受け続ける必要があります。サロンで矯正マッサージを受けた場合は特に必要ありませんが、ボトックス注射や除去手術を受けた後は気を付けなければならないことがあります。ボトックスを注射した直後は、アルコールの摂取や入浴そして激しい運動などの血行を促進させる行為はしてはいけません。比較的簡単な施術ですが異物が入っている状態なので、馴染まずに腫れてしまう怖れがあります。また患部を過度に触り過ぎるのも良くありません。効果を計算して集中させてあるボトックスが身体に吸収される手助けをしてしまうことになります。そうなると十分な小顔効果が発揮されなくなってしまいます。そしてエラを削るような大掛かりな手術を受けた後は、切開した場所が癒着したり腫れが引くまでのダウンタイムと呼ばれる期間が少なからずあります。その姿を誰かに見られたくない人は、ダウンタイムに合わせた時間を確保しなければなりません。期間中は痛みを伴う可能性も考えられるので、場合によっては痛み止めの服用が必要になってきます。このように小顔矯正は規模に比例した時間と注意が欠かせないため、事前に把握しておいた方が良いです。

Copyright© 2018 小顔矯正なら美容整形で決まり【分かりやすい美容効果が望める】 All Rights Reserved.